②ライターの仕事とは?

ライターの仕事とは?

ライターの仕事とは?

ここで言うライターの仕事とは、ホームページの記事を書くことを言います。

編集者から「〇〇と言うキーワードに沿って、こういう文章を書いてほしい」と依頼を受けて記事を書きます。

「FX、仮想通貨、ウォーターサーバー、転職、サプリ」など色々ジャンルがありますが、記事を書く上で重要なのは下記の通りです。

ポイント

  • そのキーワードで検索しているユーザーは「どんな悩みや疑問があるのか?」
  • 記事を通してその悩みや疑問に対する「どんな答えを与えれるか?」
  • 記事を読んだユーザーの「悩みや疑問が解決したか?」
  • 実際にユーザーが「行動できたか?」

検索ユーザーのニーズを満たす記事を書くことが重要です。

 

仕事の流れ

  1. 研修を受ける(このサイトの手順に従って勉強をする)
  2. ライティングを実践
  3. 納品
  4. 編集からフィードバックを貰い記事を直す
  5. 再納品
  6. 報酬支払

納品された記事の質が高ければ④と⑤は発生しません。

 

報酬形態・収入UPの方法

収入UP1文字〇〇円、1記事いくらのように報酬形態は様々です(実力次第で単価は変わります)。

最初のうちは文字単価は安いですが、質の高い記事を納品しているとクライアント側から指名が来るようになり、単価が上がることがあります。

また、やる仕事(役職)により報酬は上がってきます。

編集長(進行管理) > 編集 > 専属ライター > ライター

の順で報酬が高くなります。

まずはライターからですが、質の高い記事を納品していけば徐々に単価や役職は上がります。

逆に適当な記事や他のサイトのコピペ記事を納品するライターはすぐに契約を切られてしまいます。

 

こんなライターは単価が上がらない!

駄目なライター未熟なライターにありがちなのが、編集者からの指摘を不満に思い、修正依頼を受け付けなかったり、文句を言ったりする事です。

そのような人は、なぜ指摘を受けているのか深く考えもせず、指摘内容を理解しようとしません。

このようなライターは「文章構成能力」が低く、読み手が欲しい情報をわかりやすく伝える能力に欠けている傾向があります。

発注側からしたら手がかかり、教育コストが高くなるので次回の発注はないでしょう。

ココがダメ

締め切りにたびたび遅れる。理屈ぽく素直ではない

 

単価が上がるライターは?

単価が上がるライター依頼が殺到するようなライターは、文章構成(見出し構成)がわかりやすく、一目で理解できる文章を書きます。

納期も守り、「〇〇さんなら安心!」とクライアントに信頼されます。

記事を書くにあたってしっかりと調査をし、常にわかりやすい文章を心がけています。

クライアントからしたら手がかからず、質の高い記事を書いてくれるので単価を上げてでも仕事を多く依頼したいと思います。

ココがおすすめ

締め切りを守り、質の高い記事を納品する。素直で論理的思考を持つ

 

稼げるライターになる為には努力が必要

ゴール最初から稼げるライターはいません。

ライターを始めたばかりのころは稼げませんが、経験を積み、クライアントからの信頼を得て稼げるライターになるのです。

某キュレーションサイトのように「500文字100円」のように時給換算したら安過ぎる場合も多いのがこの世界です。

ただし、それを乗り越えて実績を積んで稼げるようになっていきます。

納品する記事の質が低いライターは低収入で、質の高いライターは高収入になります。

自分の能力を上げていく事が重要です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
河野 裕

河野 裕

株式会社フォーカスワン 代表取締役。

2011年6月からSEOとアフィリエイトのコンサルティング及びサイト運営をしています。

SEO対策で色んな業者にお金を払い色々やってみた結果、自分で勉強してSEO対策をするのが一番結果が出ることに気が付いて、現在に至ります。

日々Googleのアルゴリズム変更に翻弄されながらも、人生を楽しんでいます。

皆様のお役に立てる情報を発信できるように頑張ります。

会社概要・運営サイト一覧

-ライター

Copyright© 【SEO Wiki】初心者でもできるSEOでアフィリエイト , 2019 All Rights Reserved.